好きなものを集めたら。

北九州の情報、気になること、食べ物、Web関係など。お役に立てるものがあれば幸いです。

「まんぷく」戦争の時、最初に爆弾落とされたの北九州だったの?小倉?母に聞いてみました。

今日のドラマ「まんぷく」の再放送を見ていると

「北九州に爆弾が落とされました。」という下りがありました。

www.nhk.or.jp

 

母と一緒に見ていたので、

 

私「最初に爆弾落とされたの北九州だったの?小倉?」と聞くと

 

母「そうよ。あの小倉城の先は、ずーっと造兵局だったから。」

 

私「ぞうへい局?」

 

母「武器を作るところ。」

 

私「じゃ、その造兵局に落とされたの?魚町からすぐそこじゃない!」(母は小倉の魚町育ち)

 

母「造兵局には落ちなかったかも??民家には落ちた。弁護士のおうちの方がなくなった。」

 

私「・・・かわいそうに・・・」

 

母「あの時は、まだ防空壕なんか作ってなくてね。お母さんのところ、お父さんの(私の母方の祖父)仕事のビルで地下室があったから、みんな近所の人も地下に逃げ込んだのよ。あの爆弾の後、みんな急いで防空壕作ったりしたよ。」

 

私「疎開はしなかったの?」

 

母「うちのお父さん(私の祖父)は、色々まとめ役をやっていたから、みんな周りの人は疎開したけど、残っていないといけなかったみたい。しばらく経って知り合いの家に間借りして住んだけど、やっぱり小倉は小倉で〇〇だった。」

 

私「ふ〜ん。」

 

母「でも、小学校は休みじゃなく毎日行っていたのよ。」

 

私「えっ?」

 

母「だから、空襲警報がなったら家まで帰って、ちょっと遠かったから、家に着く頃には、また小学校に戻らなくてはならなかったりして、行ったり来たりしてた。」

 

私「ふ〜ん。その距離、よく歩けたね〜。」

 

私「竹槍攻撃みたいなことも練習したの?」

 

母「なぎなたの練習をさせられた。」

 

私「なぎなた。」

 

母「中学の高学年になったら、みんな造兵工場に行って兵器を作らなくては、いけなかったのよ。お母さんは、その年になる前に戦争終わったけど。」

 

私「兵器!!勉強もできず、大変!!」

 

とドラマそっちのけで、

 

母の戦時中の話を聞きました。

 

戦争もなく平和な日本になって、良かった。

 

と思ったお昼の会話でした。

  

それでは、また!

 

トリバゴ
お問い合わせプライバシーポリシー