好きなものを集めたら。

北九州の情報、気になること、食べ物、Web関係など。お役に立てるものがあれば幸いです。

九州電力、猛暑に嬉しい「熱中症予防プラン」

 

f:id:h_nico:20180724134307j:plain

 

こんにちは。

毎日、「殺人的暑さ」「災害レベルの暑さ」という言葉や、40度を超えた気温、

熱中症でお亡くなりになった方のニュースを聞きます。

みなさま、大丈夫ですか〜?

 

ニュースで、「ためらわず、エアコンをつけて温度調整してください。」

という言葉も、何度も耳にしますよね。

 

電気代は気になるけれど、命には変えられない。

 

そんな中、九州電力が嬉しい料金プランを出してくれました。

九州電力の熱中症予防プラン「冷房や扇風機の活用を促し、お年寄りを応援したい」

 

ニュースによると

九州では今月10日ごろから35度を超える猛暑日を各地で観測しており、20日に福岡県太宰府市で38.6度、福岡市で38.3度と、観測史上最高気温を記録した。消防庁の統計(速報値)によると、9~15日の熱中症による救急搬送者は九州7県で1418人で前年同期の約2倍に上り、うち約半数が高齢者だった。

 救急搬送された方の約半数がご高齢の方ということ。

 

熱中症予防プランとその条件

  • 75歳以上の高齢者がいる世帯を対象に、8、9月分の電気料金を一律1割引き下げる料金プラン「冷房や扇風機の活用を促し、お年寄りを応援したい」
  • 割引の対象は、家庭向けの「スマートファミリープラン」に加入しており、家族に75歳以上のお年寄りがいる世帯。
  • 割引の適用を受けるには、8月末までに九電の各営業所に電話で申請する必要がある。新たにファミリープランの契約をする世帯も対象になる。

 

我が家には、80代の母がいますので、早速申し込みしたいと思います。

1割引きありがたいです!

 

ご高齢者が熱中症になりやすい理由

  • 暑さを感じにくい
  • 水分をあまりとっていないという自覚が少ない
  • 汗をあまりかかないので、熱が体にこもりやすい
  • エアコンなしでも大丈夫と思いがち 
  • 電気代がもったいない

以上のような理由で熱中症になりやすいそうです。

ご高齢の方がいらっしゃるご家庭は、周りにいる方も気をつけなければなりません。

 

夜間のエアコンはつけておいた方が良い

夜寝る時に、エアコンをタイマーで、1、2時間で切れるようにしている方もいらっしゃると思いますが、寝ている間もつけている方が良いとテレビで見ました。

 

この暑さは、今までの暑さと違う事を自覚した方が良いそうです。

何しろ「殺人的暑さ」「災害レベルの暑さ」らしいですから。

 

理由

  • 昼間の暑さで、家やマンションが熱を持っている。
  • コンクリートなどは、石なので、一度熱を持つとすぐには温度が下がらない。
  • エアコンが切れた途端、室内の温度が上がりすぐに30度以上になる。

対処法

  • 壁から離れたところに寝る方が熱の影響を受けずに済む。
  • エアコンの風が当たるのが嫌なら、壁に当たるように風向きを変えると良い。
  • 水分補給 喉が渇いた段階ではなく、こまめに少しずつ水分補給する
  • たくさん汗をかいた時は、スポーツドリンクや塩飴などで、塩分、ミネラルの補給も必要。
  • よく眠りよく食べて、体調を整えておく。

 

最後に

ご高齢者に限らず・・・救急搬送された半分は高齢者でないという事ですから、熱中症には、くれぐれも注意したいですね。

豪雨は嫌だけど、そろそろ少しくらいの雨は降って欲しいな。と思っています。

 

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

読者登録などお待ちしておりま〜す!!

 

トリバゴ
お問い合わせプライバシーポリシー